このブログをご覧になった方は
下のバナーをクリックして応援をお願いします
m(__)m
↓↓↓
banner2.gif

2008年12月03日

ダイエット業界が仕組んだ罠?

ダイエット業界が仕組んだ罠


1.食事制限をすると痩せるは、ホントのようなウソの話


「あなたのダイエット方法はなんですか?」
と一般人に聞くと食事制限と答える人がほとんどです。


確かに食事制限は痩せることが出来るんですよね。


食事制限は読んで字の如く、食事を制限することです。



今まで3食食べていたとします。


朝を抜いたり昼を抜いたり夜を抜いたり
することも食事制限です。


一食の量を今までよりも減らすことも
食事制限です。


物理的に考えると食べる量を減らすのですから
体重が減って当たり前です。



当たり前なんですが、
当たり前じゃなくなる時期がやってきます。



当たり前ジャなくなる状態というのは・・・



まず、あなたが太りもしない痩せもしない
献立がこれだとします。



太りもしない痩せもしない献立

朝 ご飯、味噌汁、たくあん
昼 パスタ、サラダ、スープ
夜 ご飯、しょうが焼き、ほうれん草のおひたし、味噌汁。

間食 プリン、アイス


しかし、これではあなたは
太りもしないし痩せもしません。


そこであなたは食事制限をすることで
痩せようと思いました。



食事制限の献立

朝 たべない
昼 パスタのみ
夜 しょうが焼き、ほうれん草のおひたし

間食 なし


このように食事制限をしました。


食事制限をはじめたときはすぐに
2〜3kgは落ちていきます。



でも、3キロ。4キロ痩せていくうちに
はじめより痩せる速度が落ちて最終的には
食事制限の献立では痩せなくなってしまいます。



そして、今以上に食事制限を試みるのですが、
やはり自分が思った以上には痩せなくなります。



この現象はからだが飢餓状態だと認識して
制御機能が働くんです。



これは生き物が持っている機能の一つであり
生きていくために必要な自然の成り行きです。・・つまり本能。



先ほど言った当たり前じゃなくなる時期
というのがこれです。


この当たり前じゃなくなる状態になると、基礎代謝量が
極端に減って太りやすい体質に変化していきます。


つまり低代謝になってしまうということです。


・・結論。

ですから、食事制限をしてやせたとしても、
最初は痩せるけどそのうち痩せなくなる。



それは低代謝になるからなんです。




2.運動をやれば痩せるは、自分で自分を追い込むことに・・・


運動も、食事制限と同様に
当たり前に言われていることです。


運動ははすごく体に良いですし私は運動をして
やせていくことを大いに進めます。


大賛成です。


賛成なんですが「大きな罠」といいますか、
その「あなたは続きますか?」ってことを
言いたいんですよね。



大きな罠ってなんか大げさに聞こえるかも知れませんが、
さほど大げさでもないんです。


それは、スポーツクラブで挫折した人なら
わかると思うんですが、スポーツクラブは会員制ですよね。


月額がかかってしまいます。


つまり、通っても通わなくても
お金が取られるんです。


最初は体のためを思って通うんですがそのうち、
行き来がめんどくさくなったり、運動自体に飽きたりして
継続しなくなるんです。


まあ、普通です。


あなたやその続かないひとだって普段の生活の
限られた時間の中から、暇を作っていくのですから。


・・・で、


その忙しい生活の中、強制的に作った時間で
無理やり通って運動することが辛かったりすると
もう行きたくなくなるんですよね。


・・・で、


面倒で行かなくなってでも、
月額だからお金だけは持っていかれる。


さっき言った「罠」の部分です。


じゃ〜スポーツクラブに通わなければいいんじゃないの?って
聞こえてくるんですが、そうですか、あなたは一人でさびしく、
ウォーキングや家にこもって腹筋腕立てをせっせとするんですか。



もし、そのウォーキングの歩き方や腕立てや腹筋のやり方が
効率がよくなかったらどうするんですか?


そこまで考えていませんよね。


ウォーキングやジョギングをするときに正しいやり方で
やらないと効果がほとんど上がりません。



腕立てなどの筋トレだって筋肉を鍛えるための効率の
良いやり方だってちゃんとあるんです。


結論。


そこまで考えないと効果がでにくい運動をやってまで
まあ、自分を追い込んでやる必要性があるのかな?
って思います。


インストラクイターについてもらい月額を
払ってやっても良いんでしたら運動はいいですけどね。


それ以前にあなた自身が運動が好きか?
って自分自身に説いた方が良いです。



3.甘いものをたべてはダメ。というのは・・・


甘いもので太る人は腎臓が弱い人です。
腎臓というのはおしっこを作ることころ、
体内のいらない水分や老廃物を排除してくれる場所です。



その腎臓は甘いものが苦手なんです。


甘いものを取りすぎてしまうと腎臓が
うまく機能しなくて水分代謝がうまくできなくなります。



水分代謝が出来ないということは
体内に余分な水分が溜まっている状態です。


これを「むくみ」といったりします。


そのむくみをほったらかしにしておくと
セルライトの原因になります。


また塩分も取りすぎるとむくみの原因になります。


だからといって全く甘いものを
食べないことはあまりお勧めしません。


それは疲れているときに絶大な効果を
得ることが出来るからです。


甘いもののなかにある糖質はすぐに
体内に吸収されてエネルギーに変わり疲れを
解消する働きがあるからです。


ですから、甘いものを食べないというのは
あまり良くありません。


甘いものを食べたくなる原因なんですが、
ちょっとあなたに子供がいるのでしたら
思い出して欲しいんですよ。


もちろん、自分の子供の頃でもかまいません。


理由はどうして甘いものが好きなのかをです。


あなたにはお子さんはいますか。


そのお子さんに絵本を買い与えてはいませんか。


私の例なんですけどね。


多分ほとんどそうじゃないかな?って思います。


で、絵本を子供さんと一緒に見て欲しいんですけどメジャーな
絵本には、必ずってほど甘いものが載ってますよ。


私がしっているのでは「ちぶくろサンボ」「ぐりとぐら」
これらの話の最後はハッピーエンドで終わるんですが、
ハッピーエンドの時に甘いものを食べてるんですよね
それも尋常じゃないですから。。


ちびくろサンボ引用

3人はホットケーキをたっぷりと食べました。

マンボママは27個、ジャンボパパは55個、
そして、ちびくろサンボは、なんと169個も平らげてしまいました。^^



ぐりとぐら

グリとグラに関しては、かれらの背丈ほど
いやそれ以上のフライパンでカステラを焼いているんですよね。^^


他にも甘いものをリンクさせているお話は多いものです。


子供の時から自然と甘いものが幸せなんだって
植えつけられているような気がします。


もしかしたら、あなたのおかあさんは
あなたに絵本をたくさん読んでくれたのかも知れませんね。


だからあなたは甘いものがすきなのかもですね。


結論。


話がそれたんですが、
食べ過ぎればむくみの原因になるけど、
甘いものは食べ過ぎなければ食べても良いし、
甘いものは幸せを感じれるツールみたいなものです。


それは子供の時から自然と身に付いたものですから・・


ダイエット業界が仕組んだ罠はまだまだあります。
続きはこちらから↓
>> http://123direct.info/tracking/af/112654/XbGEUfvP/
posted by ボブ at 09:25| Comment(0) | TrackBack(1) | ダイエット方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

無料ダイエットレポートのご紹介です。^^

今回はダイエットノウハウをまとめた
無料レポートの紹介をします。


“シークレットノウハウレポート!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
今だけ299名様限定ですが、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
完全無料で受け取れます”
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


もしも、あなたが、以下の項目に当てはまりると思うなら、
この無料レポートをお薦めします。


1・ダイエット成功、リバウンド、成功、リバウンドの
  繰り返しで結局は全然痩せない。
  いやむしろ太ってしまい、痩せにくくなり、
  心がいつも何かに追われている様な感情になってしまう。



2・仕事が忙しく人間関係のストレスから、
  ストレス発散方法が食べること。
  そのためにストレスが溜まるたびに、
  ジャンクフードやラーメン、スイーツを常人以上に食べこんでしまう。

  本当はこんなことは辞めないと体に悪いし、
  何よりも彼氏も出来ないとわかっているのに辞めれない・・・



3・むすめ、むすこの友達のお母さんはあんなに
  痩せてきれいなのに、私と来たら、お腹ポッコリ、
  お尻ズッシリ・・・


  あと5キロやせなきゃって思うんだけど、
  結局目の前の甘いものなどの誘惑に負けちゃう。


  1ヶ月先の授業参観までには、またまた後5キロって
  言い聞かせても結局いつもと同じでダイエット失敗の繰り返し。


  「あ〜あこの呪縛から抜けだしたいわ」

→  “シークレットノウハウレポート!
   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

4・流行のサプリメントやプロテインそれにオニ軍曹。
  もう数え切れないぐらいにダイエット用品を使ったのに、
  “継続的に痩せない”いつも痩せるのは商品を使った1週間だけ・・・


 「もう!イヤこんな体」と自分のことをせめてしまい、
  ダイエットをあきらめてしまう。もちろん辞めるので痩せない。」



5・低カロリー、食事制限、食べなければ痩せる、
  そんな思いから余計にダイエットのことを考えてしまい、寝れなくなる。
  いつまでも寝れなくて夜中にカップラーメンに無意識で
  お湯を注ぎ一気に胃の中に流し込む。


  そのときは幸せでも、食べた後の罪悪感から、自己嫌悪に
  陥りネガティブになってしまう。もう明日からはしないと
  誓うけど結局次の夜中のためのカップラーメンをスーパーで
  買ってしまう。



6・「どうせ私には7号なんて無理だわ」って思っては見るものの、
  がんばってダイエットをする。


  はじめはすぐに痩せるんだけど、
  減っても2キロか3キロ。
 
  そのあとは7号よりもイチゴのショートケーキが
  大事になってしまう。





  もし、あなたが1つでも当てはまるのでしたら、スグに無料で
  シークレットノウハウを請求されることをお勧めいたします。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それは、今回お伝えするシークレットノウハウレポートには
  完全無料なのに、アフターフォローのセミナーメールまで
  付いています。


  セミナーメールでは既にダイエット成功している
  実践者の声がつづられていてとても参考になりますよ^^


  もちろん、メルマガなので、あなたがいやだと思った時点で
  スグに解除できます。


  無料レポートダウンロードはこちらをクリック!
     ↓   ↓   ↓
     シークレットノウハウ 


  
posted by ボブ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

あせりは禁物。じっくり作戦で・・。

痩せるというのは、食べるものを減らして
運動をすればいいわけですから、・・・


考えるだけでは非常に簡単なのですが、
やってみると大変困難なことです。


何しろ、これは食欲という根強い本能との戦いですから、
チョット気を許せば、たちまちその誘惑に負けてしまい、
失敗に陥ります。


ですから、相手(自分)を甘く見てはいけません!


まず、戦いの難しさをよく認識した上で、
じっくりと取り組むことです。     ^^


ダイエットするときの体重の減り方というのは
微々たるものです。


ですから、体重を量る度に一喜一憂しないで、
長い目で見ていかないとどこかに無理を生じ、
結局は長続きしなくなります。


あせることはありません。


痩せるにしても、一週間にせいぜい1kgを目標に
することが無難で、もし、その一週間に1kg減らす
ことが出来なくても、次の週に努力するぐらいの
つもりで良いでしょう。


これまで、ダイエットを成功した人を見ても、
少し痩せてはしばらく足踏みをするという人が
多いのです。


三週間で何キロ痩せたとか、
一ヶ月で見違えるように痩せたという
うまい話はあまり信じない方が身のためでしょう。^^


ダイエットを実行するに当たっては、
同じ様な悩みを持つ仲間を見つけ、
一緒に実行することをお薦めいたします。


とかく、始めるときには、「明日からにしよう」
「今しばらく様子を見てから、」「今すぐじゃなくても・・」
などと考えてしまいがちです。


また、痩せようと実行に移してからも
一日、二日たつとお腹が空いてたまらないとか、
身体がフラフラしてくる、元気が出ない、
仕事にファイトがでないなどと理由を付けて
中断してしまうことも多いのです。


一緒に実行する方がいれば、そうしたことを
お互いにしないよう約束し合い、励まし合い、
相手を監視し合いながら、ダイエットを進めていくと
上手くいくものです。


だだ、お互いに約束する内容も、
無理のない範囲で行うようにしましょう。^^;
posted by ボブ at 08:47| Comment(1) | TrackBack(0) | ダイエット方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

果物ダイエットの危険。

「私は、甘いものやご飯など、太ると言われるものは出来るだけ
 口にしないようにしているのですけれど、太ってしまします。
 何か病気でもあるのでしょうか」


という女性がいます。


よくたずねてみると、、ご飯や甘いものは
減らしているけれども、果物は美容にも健康にも良いと
いうことで、たくさん食べているのです。


最近でも、りんごダイエット、バナナダイエットと
よく聞きますね。^^


実は、これが意外な落とし穴になっていることに、
気付いていないのです。


果物には、果糖という糖分が含まれていて、
かなりのカロリーになることが忘れられています。


では、ご飯半杯分、100キロカロリーに相当する
果物の量を次にあげてみます。


夏みかん : 小1個

みかん  : 小4個

スイカ  : 中5分の1個

グレープフルーツ : 小1個

なし   : 中1個

いちご  : 大20個

もも   : 小2個

ぶどう  : 大15個

りんご  : 中1個

バナナ  : 中1本


ですから、・・・


果物を食べるときにも、
そのエネルギーを計算に入れなくては、
かえって太ってしまうことになるのです。





posted by ボブ at 09:02| Comment(15) | TrackBack(0) | ダイエット方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

ダイエットのために朝食抜きは大間違い!

よく、「一日に三食だと食べ過ぎるので
        朝食は抜きにしています。」


と言う人がいます。


しかし、朝食抜きにしても、昼食抜きにしても
二食主義は一般に考えられる程、効果はないものです。


なぜなら、


空腹時間が長いとその後で、
食べた食事の栄養吸収がとても良くなるからです。


消化器に方も適当な休息時間を与えられ、
食べ物が入ってくるのを待ちかまえていて
フル回転しますから、大変効率よく吸収できるわけです。


しかも、一食抜いた安心感も手伝って、
たくさん食べてしまいがちです。   ^^


また、膵臓から分泌されるインスリンも、
空腹の後では、たくさんでてきます。


インスリンはブドウ糖を脂肪に変え、
細胞に押し込む働きがありますから、
インスリンがたくさんでてしまうと、
糖質が、効率的に脂肪に変わりやすくなります。


動物の身体というのは、
飢えに対する備えを常にしていますから、
空腹の状態ですと、またその次にそのようなことに
なっても大丈夫なように常に蓄えるように働くからです。


ですから、二食主義とか、
まとめ食いをするというのは特に太りやすい体質を
作ることになり、肥満傾向にある人にとっては
良くない食べ方です。


やはり、一日三食、規則正しく食べると言うことを
心掛けてダイエットすることが重要です。
posted by ボブ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(1) | ダイエット方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。