このブログをご覧になった方は
下のバナーをクリックして応援をお願いします
m(__)m
↓↓↓
banner2.gif

2008年12月03日

ダイエット業界が仕組んだ罠?

ダイエット業界が仕組んだ罠


1.食事制限をすると痩せるは、ホントのようなウソの話


「あなたのダイエット方法はなんですか?」
と一般人に聞くと食事制限と答える人がほとんどです。


確かに食事制限は痩せることが出来るんですよね。


食事制限は読んで字の如く、食事を制限することです。



今まで3食食べていたとします。


朝を抜いたり昼を抜いたり夜を抜いたり
することも食事制限です。


一食の量を今までよりも減らすことも
食事制限です。


物理的に考えると食べる量を減らすのですから
体重が減って当たり前です。



当たり前なんですが、
当たり前じゃなくなる時期がやってきます。



当たり前ジャなくなる状態というのは・・・



まず、あなたが太りもしない痩せもしない
献立がこれだとします。



太りもしない痩せもしない献立

朝 ご飯、味噌汁、たくあん
昼 パスタ、サラダ、スープ
夜 ご飯、しょうが焼き、ほうれん草のおひたし、味噌汁。

間食 プリン、アイス


しかし、これではあなたは
太りもしないし痩せもしません。


そこであなたは食事制限をすることで
痩せようと思いました。



食事制限の献立

朝 たべない
昼 パスタのみ
夜 しょうが焼き、ほうれん草のおひたし

間食 なし


このように食事制限をしました。


食事制限をはじめたときはすぐに
2〜3kgは落ちていきます。



でも、3キロ。4キロ痩せていくうちに
はじめより痩せる速度が落ちて最終的には
食事制限の献立では痩せなくなってしまいます。



そして、今以上に食事制限を試みるのですが、
やはり自分が思った以上には痩せなくなります。



この現象はからだが飢餓状態だと認識して
制御機能が働くんです。



これは生き物が持っている機能の一つであり
生きていくために必要な自然の成り行きです。・・つまり本能。



先ほど言った当たり前じゃなくなる時期
というのがこれです。


この当たり前じゃなくなる状態になると、基礎代謝量が
極端に減って太りやすい体質に変化していきます。


つまり低代謝になってしまうということです。


・・結論。

ですから、食事制限をしてやせたとしても、
最初は痩せるけどそのうち痩せなくなる。



それは低代謝になるからなんです。




2.運動をやれば痩せるは、自分で自分を追い込むことに・・・


運動も、食事制限と同様に
当たり前に言われていることです。


運動ははすごく体に良いですし私は運動をして
やせていくことを大いに進めます。


大賛成です。


賛成なんですが「大きな罠」といいますか、
その「あなたは続きますか?」ってことを
言いたいんですよね。



大きな罠ってなんか大げさに聞こえるかも知れませんが、
さほど大げさでもないんです。


それは、スポーツクラブで挫折した人なら
わかると思うんですが、スポーツクラブは会員制ですよね。


月額がかかってしまいます。


つまり、通っても通わなくても
お金が取られるんです。


最初は体のためを思って通うんですがそのうち、
行き来がめんどくさくなったり、運動自体に飽きたりして
継続しなくなるんです。


まあ、普通です。


あなたやその続かないひとだって普段の生活の
限られた時間の中から、暇を作っていくのですから。


・・・で、


その忙しい生活の中、強制的に作った時間で
無理やり通って運動することが辛かったりすると
もう行きたくなくなるんですよね。


・・・で、


面倒で行かなくなってでも、
月額だからお金だけは持っていかれる。


さっき言った「罠」の部分です。


じゃ〜スポーツクラブに通わなければいいんじゃないの?って
聞こえてくるんですが、そうですか、あなたは一人でさびしく、
ウォーキングや家にこもって腹筋腕立てをせっせとするんですか。



もし、そのウォーキングの歩き方や腕立てや腹筋のやり方が
効率がよくなかったらどうするんですか?


そこまで考えていませんよね。


ウォーキングやジョギングをするときに正しいやり方で
やらないと効果がほとんど上がりません。



腕立てなどの筋トレだって筋肉を鍛えるための効率の
良いやり方だってちゃんとあるんです。


結論。


そこまで考えないと効果がでにくい運動をやってまで
まあ、自分を追い込んでやる必要性があるのかな?
って思います。


インストラクイターについてもらい月額を
払ってやっても良いんでしたら運動はいいですけどね。


それ以前にあなた自身が運動が好きか?
って自分自身に説いた方が良いです。



3.甘いものをたべてはダメ。というのは・・・


甘いもので太る人は腎臓が弱い人です。
腎臓というのはおしっこを作ることころ、
体内のいらない水分や老廃物を排除してくれる場所です。



その腎臓は甘いものが苦手なんです。


甘いものを取りすぎてしまうと腎臓が
うまく機能しなくて水分代謝がうまくできなくなります。



水分代謝が出来ないということは
体内に余分な水分が溜まっている状態です。


これを「むくみ」といったりします。


そのむくみをほったらかしにしておくと
セルライトの原因になります。


また塩分も取りすぎるとむくみの原因になります。


だからといって全く甘いものを
食べないことはあまりお勧めしません。


それは疲れているときに絶大な効果を
得ることが出来るからです。


甘いもののなかにある糖質はすぐに
体内に吸収されてエネルギーに変わり疲れを
解消する働きがあるからです。


ですから、甘いものを食べないというのは
あまり良くありません。


甘いものを食べたくなる原因なんですが、
ちょっとあなたに子供がいるのでしたら
思い出して欲しいんですよ。


もちろん、自分の子供の頃でもかまいません。


理由はどうして甘いものが好きなのかをです。


あなたにはお子さんはいますか。


そのお子さんに絵本を買い与えてはいませんか。


私の例なんですけどね。


多分ほとんどそうじゃないかな?って思います。


で、絵本を子供さんと一緒に見て欲しいんですけどメジャーな
絵本には、必ずってほど甘いものが載ってますよ。


私がしっているのでは「ちぶくろサンボ」「ぐりとぐら」
これらの話の最後はハッピーエンドで終わるんですが、
ハッピーエンドの時に甘いものを食べてるんですよね
それも尋常じゃないですから。。


ちびくろサンボ引用

3人はホットケーキをたっぷりと食べました。

マンボママは27個、ジャンボパパは55個、
そして、ちびくろサンボは、なんと169個も平らげてしまいました。^^



ぐりとぐら

グリとグラに関しては、かれらの背丈ほど
いやそれ以上のフライパンでカステラを焼いているんですよね。^^


他にも甘いものをリンクさせているお話は多いものです。


子供の時から自然と甘いものが幸せなんだって
植えつけられているような気がします。


もしかしたら、あなたのおかあさんは
あなたに絵本をたくさん読んでくれたのかも知れませんね。


だからあなたは甘いものがすきなのかもですね。


結論。


話がそれたんですが、
食べ過ぎればむくみの原因になるけど、
甘いものは食べ過ぎなければ食べても良いし、
甘いものは幸せを感じれるツールみたいなものです。


それは子供の時から自然と身に付いたものですから・・


ダイエット業界が仕組んだ罠はまだまだあります。
続きはこちらから↓
>> http://123direct.info/tracking/af/112654/XbGEUfvP/
posted by ボブ at 09:25| Comment(0) | TrackBack(1) | ダイエット方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。